忙しい京大薬学部の攻略法

大学・薬学・京大



京大薬学部は闇学部と言う人もいるほど大変な学部のひとつ。

この記事では、京大薬学部生活の乗り切り方をまとめていきたいと思います!


1回生

一般教養の科目は1回生のうちに取り切るつもりで

薬学部の1回生はまだ専門科目が少ないので、今のうちに一般教養の単位をできるだけたくさん取ります。

2回生からは専門科目の嵐なので、1回生のうち、それも前期にできるだけたくさん取りましょう。


京都の冬は底冷えし、かなり寒いです。後期に朝の授業に出るのは苦痛になってくるでしょう。

冬に活動が下がるのは動物の性なので、後期には期待せず、前期にできるだけたくさん単位を確保しておきましょう!


薬学部の落とし穴

何気なく「1回生のうちはほとんど一般教養」と書きましたが、これが地味に落とし穴なので気をつけてください。

どういうことかと言うと、一般教養と薬学部の専門科目とでは、質もレベルも全く異なるという事です。

2回生からは専門科目の嵐とも言いました。

1回生気分のまま進級すると、質とレベルのギャップに驚くことになるでしょう。

1回生のうちに遊ぶことは全く構いませんが、「1回生のうち」という意識は常に持っておくことをお勧めします。


専門科目の教科書は分かりづらい

1回生でもいつくか専門科目はあります。

これが専門用語だらけで驚くかもしれません。しかも教科書は分かりづらいです^_^;

高校までは教科書や板書をベースに勉強していたと思いますが、早くその勉強法から抜け出しましょう。

とりあえず分からない用語はネットや別の参考書で調べる癖を付けるといいです。

自分で調べる手間が増えることに最初はストレスを感じるかもしれませんが、薬学部生なら誰もが乗り越える壁。

薬学部の勉強は「用語の解読→理解→ひたすら暗記」の繰り返しです。


研究したい人は

志が高く、早く研究したいという人がいれば、遠慮なく研究室見学に行きましょう。

時々バイトを雇っているところもありますが、器具洗いから本格的な実験まで、研究室によってやらせてくれる内容は全く違います。

事前に話を聞いてから決めましょう。

1回生のうちは知識がないことを責められることはないので、「この分野に興味があるので話を聞かせていただけないでしょうか。」というアプローチで十分です。

志高い学生がいると分かっただけでも、先生は喜ばれると思います。


京大薬学部の大学生活については、下記リンクも参考にしてください。

京都大学薬学部 硬式テニス部

薬学性におすすめ・薬局調剤補助のアルバイト【うまくなるコツもご紹介】

貸与型奨学金、月にいくら借りるべき?【借りても問題ないルール2つをご紹介】


2回生



2回生からが薬学部の本領発揮です!

2回生の成績は、研究室選択の際にも大きく影響します。

気を引き締めて行きましょう^_^


授業の殆どが午前中

2回生の専門科目の殆どは午前中にあります。

寝坊するとプリントや板書、出席点が取れないことになるので、朝には強くなっておきたいですね。

飲食店など夜遅くまでバイトをしている人で、寝坊しがちならば、昼でもできるバイトに変えるなどした方がいいかもしれません。

逆に午後はフリーになるので、時間をうまく使えば「朝早く起きて午前に講義→午後の時間を好きなことに使う→早めに寝る」という理想的なサイクルが出来上がると思います。


2回生は勉強以外も大変

2回生になると、サークルやバイトで後輩ができ、彼らを引っ張っていくことが求められるようになります。

サークルによっては幹部学年になるところもあるでしょう。

サークル、バイト、専門科目…一気に忙しさの波がやってくるのが2回生です。

どうしても目の前のサークルやバイトに没頭しがちですが、2回生で単位を落としまくると余裕で留年します。

できれば日頃からプリントやノートの整理はしておいて、テスト前に勉強しやすくしておきましょう。


追再試にかかったら

テストを一発で通らなければ、長期休暇中に再試があります。

それも、休暇が始まってから1ヶ月後くらいにあるので、長期休暇の半分は安心して過ごせないことになります^^;

できれば追再試にはかかりたくないものです^^;

もしかかってしまったら、仕方がないので勉強しましょう。

レポートの場合でも、本試と違って出したらOKではなく、出来が悪かったら落とされるなんてこともあるので注意して下さい。


追再試でも落ちたら

落とした数が多ければ3回生には上がれません。

1個や2個なら進級させてもらえますが、空きコマなどで授業を受け、再び同じようにテストを受けることになります。


!激励!

2回生は最もメンタルが試される学年の一つです。

逆にここを乗り越えたらたいてい後は大丈夫。

仲間と励まし合いながら頑張ってください!


3回生

3回生前期までの成績が大事

研究室の振り分けには、3回生前期までの成績が反映されます。

研究室を選びたい人は、前期まで気を抜かず成績をキープしましょう。


3回生実習は真面目にこなせば単位が取れる

担当する研究室によって、また年によって実習の内容は違ってくると思いますので、先輩から最新の情報を得てこなしていきましょう。

真面目に出席してレポートを期限内に出していれば、単位の心配はありません。


後期はひと休み期間

3回生前期まで順調に単位を取ってきた人は、後期は非常に楽に感じるでしょう。

成績が進路に影響することもなくなるので、気分も楽になるかもしれません。


研究室選択では、良くも悪くも人間関係が変化する

研究室選択は将来がかかってるだけあって、人間性というか、その人の本性が出ます。

良くも悪くも人間関係が変化しやすい時期なので、気を付けましょう。

特に、希望の研究室が人気で入れそうにない場合、他の人を説得しにかかったり、希望が被った人に対する態度が悪くなったりという行為は嫌われます。

ルールに則り、自分の立場をわきまえて選べる範囲の中から選ぶようにしましょう。


4回生



ここからは、薬剤師コースと研究者コースとで生活が大きく変わってくるでしょう。


研究室生活が始まる

ラボによっては、3回生の春休みからスタートするところもあるかもしれません。

多くのラボでは、最初に希望の先生を聞かれると思います。

希望がある人は、理由とともにしっかり主張しておきましょう。

ラボに入ると、様々な悩みが生じます。

先生からのプレッシャーに負けそう、実験が大変で体力的にきつい、自分の能力不足が悔しい、などなど。

でも、こんな悩みを乗り越えた人が口々に言うのは「ラボ生活を乗り切ったらもう何でも大丈夫な気がする」です笑

悩みはいずれ自信に変わっていきます。成長のチャンスだと思って、病まない程度に頑張りましょう。

研究室生活については、下記リンクも参考にしてください。

『The Cell』『Essential』、細胞分子生物学を学ぶにはどちらがいい?【購入者タイプ別おすすめ】

パワポを使ったプレゼンのコツ【科学論文紹介・完全手順書】

効率のいい科学論文の検索方法【完全手順書】

研究室が辛いなら、とりあえず2週間休んでみるといい


薬剤師コースはOSCEとCBTがある

まずOSCEは、真面目に授業を受けて対策すれば99%合格します。

本番では、配点の高い薬袋の書き忘れに十分注意しましょう。

不合格の場合、東京で再試があるので面倒くさいです^^;


一方でCBTは、真面目に勉強しないと厳しいです。

OSCEの授業が始まってからは忙しくなるので、その前から対策することをお勧めします。

参考書は主に『レッツCBT』か『コアカリ』を使うことになると思いますが、忙しい人は、レッツCBTで十分です。

余裕がある人はコアカリまで手を出してもいいでしょう。


薬剤師コースに対する理解度はラボによって様々です。

理解がある所は毎年自動的に休み期間が設定されています。

もし理解がなくても、負けずにOSCE・CBT期間は勉強休暇を申請しましょう。

もう一度言います。休みはきっちり申請しましょう!

何せ進学がかかっているのです。

教授によっては直前にもかかわらず実験しろと言ってくる人もいますが、無視して構いません(実際メールを無視し続けた人もいます笑)。

薬学部内のカリキュラムをこなして、文句を言われる筋合いはありませんから(^^)/


5回生



5回生のキーワードは、「研究室」「病院・薬局実習」「就活」です!


研究室生活は続く

研究者コースの学生さんは実習がないので、この一年間、研究を頑張ってください!

薬剤師コースの人は実習があるので、研究は殆ど進まないと思っていた方がいいです。


薬剤師コースは実習がある

まず、病院実習。

全員が京大病院にお世話になることと思います。

先生方は優しい人が多いので安心してください。

ただ、9時〜17時まで缶詰め。実習の内容も濃いです。

中間発表や実習最後の発表会もあります。

研究室との両立は難しいかもしれないことを頭に入れておきましょう。


そして、薬局実習。

気をつけて欲しいのは、「薬局実習は病院実習より楽」という迷信を信じないことです。

薬局によっては、病院実習よりずっと大変な所もあります。

薬局実習が楽だと聞いて実習後に実験の予定を入れたが、実際はすごく大変で苦労した…なんて人もいました。


間違っても、病院・薬局実習より研究室の実験を優先する、実験のために寝不足で実習に集中できない、なんてことはしないでください。

実習とはいえ、患者さんに関わることも多くあるのです。責任感を持って臨んでください。


就活が始まる

早い人で5回生の夏からインターン等の活動に乗り出すと思います。

京大薬学部生の進路先は、主に下記のようになっています。

・博士課程進学
・製薬企業の研究職
・製薬企業の開発職
・食品会社
・化粧品会社
・病院薬剤師
・ドラッグストア
・調剤薬局の薬剤師
・薬ゼミなどの予備校講師
・その他(コンサル・商社など)


特に自己分析はできるだけ早くやった方がいいようです。
実際に話を聞かないと社内の雰囲気などがわからないため、インターンやOB・OG訪問をしている人も多いです。


6回生



いよいよ最終学年です。

就活や院試、卒論、卒試、薬剤師国家試験などなど、盛りだくさんの1年になります。
ラストスパート、頑張っていきましょう!


卒論と発表会

薬学科6回生と修士2回生、共通のイベントです。

まず卒論について。

こちらは、先生にご指導いただきながら何度も何度も直していくしかありません。

筆者も10回以上は直したと思います。

論文にする際の言葉の使い方など、直々に教えてもらえるので非常に勉強になりますよ。

できれば9〜10月くらいから着手すると余裕を持って終えることができるでしょう。


大変なのは、発表会の方ではないでしょうか。

薬学部の発表会の質疑応答は、けっこう厳しいです。

普段の研究活動が顕著に表れるので、なまけ人に対しては特に、先生たちも当たりが厳しくなります。

普段の研究態度を真面目にすることも大事ですが、直前は質疑応答対策をみっちりやっておくことが大事です。

ラボのセミナーでもたくさん指導が入ると思うので、一生懸命ついていきましょう。


院試

まず、院試は日程が被らなければいくつでも受けられます。

筆者は京大の薬学部と医学部を受けました。


最初に薬学部の院試について。

これはTOEFLと各研究室オリジナルの問題、面接があります。

TOEFLは、書店に売っている一般的な教材を使って練習しました。

オリジナル問題の対策は、ラボの代表的な論文の内容を頭に入れました。

勉強期間は、筆者の場合2週間くらいだったと思います。

面接はあまり心配しなくても、突飛なことは聞かれません。

志望理由や現在の研究内容など、聞かれそうなことを説明できるようにしておきましょう。

これらの対策で無事に合格しました。


次に医学研究科の院試について。

こちらはオリジナルの英語長文問題と専門科目、面接もあります。

英語は、普段論文を継続的に読んでいればそんなに難しくないです。

逆に読み慣れていないと辛いです。

専門科目は、30問くらいある大問から好きなものを3つ選んで解きます。

筆者は『The Cell』で対策しましたが、『Essential 細胞生物学』で対策する人が多いようです。

他にも、薬剤師国家試験の知識だけで挑んだ人もいましたが(その人も受かってました)、細胞生物学の方が解ける問題が多いので無難だと思います。

面接は、こちらも突飛なことは聞かれませんでした。

志望理由、現在の研究内容、なぜ学部を変えようと思ったか、(筆者の場合精神神経系に興味があったので、)精神神経系に興味を持ったきっかけ、などです。

こちらも無事に合格しました。


薬剤師国家試験と卒試

6年生の人は、卒論発表が終わるとすぐに薬剤師国家試験の対策に入ります。

5月くらいに青本を買うように言われると思いますが、強制ではありません。

先輩からもらったやつで受かってる人もいるので、お金がない人はそれでいいと思います。

勉強は12月から始める人が多いです。

というか、その前は卒論でそれどころではないと思います(このきつきつスケジュールも変わってほしいところではありますが^^;)


卒試は例年、国試の必須問題レベルですが、傾向が変わる可能性もあるので毎年情報を仕入れてください。

再試は筆者の代は模試の必須問題でした。本試より難しかったです。

正直、本試で受かるように勉強した方がいいです。

国試の受験票配布などの情報は、クラシスで回ってきます。

この時期になるとクラシスを見なくなる人もいますが、国試前だけは見ておくようにしましょう。


卒業式

6回生は国試、修士2回生は卒論発表が終わると、晴れて3月に卒業です!

京大では謝恩会なるものがないので、最後に騒ぎたい人は自分たちで卒業パーティーを開きましょう^^

苦しかった薬学部生活も残りわずかです。頑張ってください!