薬学部6年制と4年制の違いを解説!高学歴薬剤師になりたいなら◯◯がおすすめ

大学・薬学・京大



こんにちは、てまごんです!

京大薬学部6年制(薬剤師育成コース)卒です。


受験時には、薬学部の6年制と4年制の違いがよくわからず、「資格が取れるほうが良いかな」という軽い気持ちで進路を決めました。

ネットで調べても、薬学部の具体的な事情についてはイメージしづらいですよね。


そこで今回は、薬学部6年制と4年制の違いについて、イメージしやすいように徹底解説します!

おまけで「高学歴薬剤師になりたい」と思っている方へのアドバイスも述べていきたいと思います。

薬学部を志望している学生さんに、参考にしていただきたい内容になっておりますm(_ _)m


今回の話の流れ

下記の順番で解説していきたいと思います。

ご自分に必要な情報の部分だけ、ピックアップしていただけたらと思います。


①薬学部6年制について
②薬学部4年制について
③高学歴薬剤師になりたい方へ



【1】薬学部6年制について



6年制薬学部は、「薬剤師育成コース」です。

薬剤師に少しでも興味がある方は、6年制を選んでおけば間違いないと思います。


6年制薬学部のメリット・デメリットは下記のとおりです。

メリット
・薬剤師免許を取れる
・修士入学のための入学金がいらない
・就職先の幅が広い

デメリット
・実習や試験のため、研究が遅れる
・勉強が大変
・製薬企業の研究職に就きづらい

順番に解説していきますね。


メリット①:薬剤師免許を取れる

6年制薬学部は、薬剤師免許を取るためのコースです。

試験や実習をクリアすれば、晴れて免許を取ることができます。

4年制では薬剤師免許を取ることはできませんので注意です。


メリット②:修士入学のための入学金がいらない

4年制薬学部の人で、4年間だけで卒業する人はほとんどいません。

多くの人がプラス2年で修士課程に進みます。

理由は、4年制薬学部卒業では医療・製薬系の就職が困難だからです。

なので、4年制薬学部の人たちは修士課程に上がるときに再び入学金を払う必要があります。


一方、6年制薬学部の人は6年間だけで豊富に就職先があります。

なので、6年間で出ていく人がほとんどです。

6年一貫なので、入学金を払うのは1回だけで済みます。


メリット③:就職先の幅が広い

6年制薬学部の人は、下記のような進路に進みます。

・病院薬剤師
・薬局薬剤師
・製薬企業開発職
・製薬企業研究職
・製薬企業MR
・ドラッグストア薬剤師
・国家試験対策塾の講師(薬ゼミなど)
・アカデミック研究者

薬学系だけでも、これだけ進路の幅があります。

選択肢が広いのも、魅力の1つでしょう。


デメリット❶:実習や試験のため、研究が遅れる

薬学部は、3回生~4回生から研究室に配属される大学が多いと思います。

研究室の成績も評価されるため、卒業論文なども書くことになります。

しかし、5回生の約半分を病院・薬局実習に使うことになるため、その分、研究が遅れます。

研究をしたい人には向いていない進路かもしれません。


デメリット❷:勉強が大変

中間・期末テストをはじめ、実習前の確認テスト(CBT・OSCE)、もちろん卒業試験や国家試験も大変です。

とにかく覚える量が多いので、コツコツ勉強できる人に向いている学科だといえるでしょう。


デメリット❸:製薬企業の研究職に就きづらい

6年制の進路先として「製薬企業研究職」を挙げましたが、かなり狭き門です。

京大薬学部でも、年に5人ほど。

ただし、「製剤系」の研究室に配属されれば、関連の研究職に就くことができます。


つまり、製薬企業の研究職に就きたいと考えている人は、選択肢が2つあります。

・難関大の薬学部に入る
・「製剤系」の研究室に入る



難関大の薬学部卒だと、製薬企業研究職に就ける可能性が上がります(100%ではありません)。

「製剤系」は薬学部にしかない分野なので、ほかに競合が少なく、入りやすくなります(これも100%ではありません)。


【2】薬学部4年制について



薬学部4年制は、「研究者育成コース」です。

メリット・デメリットは下記のとおりです。


メリット
・研究に専念できる
・製薬企業研究職に入りやすい

デメリット
・薬剤師の国家資格が取れない
・入学金を2度払う必要がある
・就職先の幅が狭い

順番に解説していきますね。


メリット⑴:研究に専念できる

最大のメリットはこれですね。

6年制のように試験や実習に大きく時間がとられないので、研究に専念することができます。

がっつり研究をしたい人、将来アカデミック研究者や製薬企業の研究者になりたい人におすすめの学科です。


メリット⑵:製薬企業研究職に入りやすい

繰り返しになりますが、研究室配属後、テストや実習がほとんどないので研究に専念できます。

そのため、研究に必要な能力(実験、思考、プレゼンなど)を培いやすく、製薬企業研究職にも就きやすくなります。


デメリット1.薬剤師の国家資格が取れない

これが最大の注意事項です。

4年制薬学部に入ると薬剤師免許を取ることはできません。

途中で「やっぱり免許ほしいなぁ」と思ったら、6年制に転学科することになります。


昔は4年制薬学部卒でも、博士課程に進めば免許をとれるカリキュラムが組まれていました。

しかし、2019年からその制度は廃止になりました。

やはり、少しでも免許が欲しいという人には4年制薬学部はおすすめできないのが現状です。


デメリット2.入学金を2度払う必要がある

4年制薬学部を卒業しても、まず製薬企業等には就職できません。

ほとんどの人が、修士課程に進むことになります。

修士課程に入学する際、再び入学金を払う必要があります。


デメリット3.就職先の幅が狭い

6年制と違い、薬剤師の免許が取れないので就職先の幅が狭くなります。

4年制薬学部生の就職先としては、下記のようなものがあげられます。

・製薬企業研究職
・製薬企業開発職
・アカデミック研究者
・その他(薬と全く関係ない分野:コンサルや商社など)


【3】高学歴薬剤師になりたい方へ



さて、薬学部6年制と4年制の違いを解説したところで、次の話題に進みましょう。

「薬学部で、できるだけ偏差値の高い大学に行きたい!」と思っている方に向けて、難関大薬学部事情をお話しします。


高学歴薬剤師になりたいなら、東大京大以外がおすすめ

表題に書いてある通りなのですが、高学歴薬剤師になりたいなら、東大京大以外がおススメです。

というのも、東大京大は薬剤師育成に消極的だからです。

これらの大学は、国の研究を引っ張っていくために、研究のほうに力を入れています

薬剤師育成コースもあるにはあるのですが、十数名と限られた人しか入れません。

いずれは0になるんじゃないかと言われているほど、薬剤師育成には消極的です。


東大京大は進振りがある

東大も京大も進振りがあり、入学時点では学科が決まっていません。

2~3年経った後、成績によって「薬剤師育成コース」と「研究者育成コース」に分けるというシステムになっています。

つまり、成績がいい人から希望のコースを選ぶことができます。

「高学歴薬剤師になりたい!」と思っても、薬剤師育成コースに入れるとは限らないので注意が必要です。


阪大は、薬剤師育成に積極的

逆に阪大薬学部は、薬剤師育成に積極的です。

高学歴薬剤師になりたい人にはおすすめの大学かもしれませんね。

その他の大学については事情を知りません、スミマセン。


薬学部事情を知って進路を選ぼう



以上の話をまとめます。


●6年制薬学部のメリット・デメリット

メリット
・薬剤師免許を取れる
・修士入学のための入学金がいらない
・就職先の幅が広い

デメリット
・実習や試験のため、研究が遅れる
・勉強が大変
・製薬企業の研究職に就きづらい


●4年制薬学部のメリット・デメリット

メリット
・研究に専念できる
・製薬企業研究職に入りやすい

デメリット
・薬剤師の国家資格が取れない
・入学金を2度払う必要がある
・就職先の幅が狭い


●高学歴薬剤師になりたいなら、東大京大以外がおすすめ



みなさまの進路決定の参考になれば幸いです。

最後までお読みいただき、ありがとうございましたm(_ _)m