【できない上司にイライラ・ストレス抱えてる方へ】効果があった対処法まとめ

雑記



こんにちは、てまごんです!

アルバイトを2つやっています。

どちらにも、いわゆる「できない上司」がいます。

昔はイライラしっぱなしでしたが、最近は対処がうまくなってきました(^^ゞ


そこで、同じように「できない上司」にお悩みの方に向けて、対処法を伝授したいと思います!

できない上司にイライラ、ストレスを抱えている方に、参考にしていただきたい内容になっておりますm(_ _)m


【悲報】人や組織は簡単に変わらない



まずお伝えしたい事実として、他人や組織は簡単には変わってくれません

できない上司をやめさせたい気持ちは、筆者も何度も体験したのでよくわかります。笑

しかし現状、日本の法律では簡単にクビにすることができません。

よく言われている通り、人を変えることもかなり難しいです。


なので、できることは2つ。

・自分が「デキる部下」になる
・どうしようもない組織は辞める


ここでは、主に前者をキーワードにして話を進めていきたいと思います。

実際、考え方や行動を変えただけで、驚くほど楽になりますよ。


あいつを辞めさせたい!と憤っている時間、心がしんどくないでしょうか?

それならば、しんどくない環境を自分で作り上げるといいと思います。

自分の考え方・行動次第で、それができることを解説していきたいと思います。


できない上司の特徴まとめ



さて、本題に移りたいと思います。

筆者の考える「できない上司」の特徴は、下記のとおりです。

・仕事をしない・しかし現場を把握していないと気が済まない
・ミスが多い
・ハラスメント
・お客様に迷惑をかける
・仕事ができないという自覚がない
・「ありがとう」「ごめんなさい」が言えない
・人によって態度を変える
・部下の要望に応えない・新しい考え方を拒否する
・感情的・気分屋
・昔話が多い・経験年数を自慢する
・愚痴やため息が多い
・仕事を振るのが下手
・「自分は正しい病」にかかっている



順番に、対処法を解説していきますね。


仕事をしない・しかし現場を把握していないと気が済まない

仕事しないくせに上司ぶる人っていますよね^^;

現場は部下にまかせっきり。しかし状況を把握していないと気が済まない。

こんな上司には、「仕事をがんばる」「報連相」を徹底しましょう。

「上司に合わせなあかんの?!」と腹が立つのは分かります。

しかし、こういった上司はまず変わってはくれません。

それならば、自分が現場を回して他の人の信頼を集め、面倒くさい上司は「報連相」して受け流しとけばいいんです。

現場の「裏番長」になってしまいましょう。上司はともかく、周りの人たちはあなたの有能さに気付いてくれます。

現場の信頼が集まれば、かなり仕事がしやすくなります。

できない上司に気を取られて心を乱されるよりも、受け流して周りの信頼を集めることにコミットした方がメリットが多いですよ。


ミスが多い

年功序列で上に立ってしまった人って、「純粋に仕事ができない」人も多いんですよね^^;

そんな人には、「自分がしっかりする」です。

「この人はミスが多い」という人にチェックをお願いする前には、セルフダブルチェックを行う。

その人がやった仕事は、さり気なくミスがないか確認する。ミスを見つけたら、あたかも偶然に見つけたように「すみません、ここが気になったのですが・・・」とミスを指摘する。


また、上司のミスが発覚したら、すぐさまフォローに入ります。

リカバリーを早くできるように、さっと資料を用意する。さっと顧客に謝罪する準備を始める。

「なんでできない上司のしりぬぐいせなあかんねん」。筆者も最初はそう思っていました。

しかし、これをすると現場の人々・上司ともに「頼りになるやつ」「精神的に大人」という評価がつきます。

仕事において、「評価・信頼がつく」ということほど貴重なことはありません。

評価や信頼は、「自分の居場所」につながります。

一見見苦しい「しりぬぐい」をすることで、長期目線で見るとむしろ職場が苦じゃなくなるのです。


ハラスメント

ここまで「大人の対応」を紹介してきましたが、ハラスメントは別です。

録音や日記により記録を取って、しかるべき対処をしましょう。

できれば本人に苦痛を感じていることを伝え、その行動をやめてもらうのが一番です。

改善されなければ、今は社内に限らずあらゆる相談窓口がありますので、証拠と共に相談しに行きましょう。


お客様に迷惑をかける

社内でどうにかできるレベルならまだいいんですが、お客さんに迷惑がかかるレベルで仕事ができない人もいますよね^^;

例えば筆者のバイト先の1つ、放課後等デイサービスでは、子供(言ってしまえばお客さん)と日常的に触れあいます。

そこで不適切な言動や叱責をしている上司がいます^^;

こんな時は、「迷惑をかけた人に謝る」です。


自分が迷惑をかけたわけではない。上司が直接謝るべきだ、という考えもわかります。

しかし筆者は、上司に謝らせる代わりに子供に「大丈夫?ごめんね」と声掛けすることに決めました。

なぜなら上司は「自分が悪いことをした」「顧客に迷惑をかけた」という自覚がないからです。

さらに、謝罪は早ければ早いほど良いです。上司が変わるのを待っていたら、いつまでもお客さんを不快にさせたままです。


昔、ある飲食店に入って店員さんに失礼な対応をされ、怒って出て行ったことがあります笑

その後、別の店員さんが追いかけてきて「すみませんでした」と言ってくれ、気持ちが楽になったのを覚えています。

自分の面子を保つことよりも、お客さんに早く謝るべきだと判断されたのでしょう。


「代わりに謝る」は、単にダメ上司のしりぬぐいをするという意味ではありません。

仕事では、お客さんのことを最初に考えるべきだと思うのです。

あなたが代わりに謝ることによって、誰かをいい気分に戻すことができるのです。


仕事ができないという自覚がない

これは、何度も言いますが「諦めが肝心」です。

自覚があれば、すでに多少なりとも改善しているはずです。

前述のとおり、人を変えるのは難しいです。

できない上司の代わりに色々やっているうちに、あなたがどんどん成長することでしょう。


「ありがとう」「ごめんなさい」が言えない

これは、仕事どうこうではなく人としてダメですよね。

人生やり直してくださいとしか言いようがないので、これも「諦めが肝心」です。


「ありがとう」「悪かった」という言葉がなくても、気にしない事です。

怒っているうちは、相手と同じ次元に立とうとしているということです。

精神的に一歩先を行き、「この人はもう変われない。かわいそうな人だな」と受け流せるようになると、一気に楽になりますよ。

こんな人のことは気にせず、仕事に集中です!


人によって態度を変える

部下に威張り、自分のさらに上司にはものが言えない。

こんな上司はごまんといます。

これも、「諦めが肝心」です。

威張られても、イライラしない。同じ次元に立ってはいけません。

「この人は自分の考えがなく、立場の弱い人に威張ることで居場所をつくっている、かわいそうな人なんだな」と思うようにしましょう^^

心を平穏に保つことで、仕事がしやすくなり、ストレスも減ります。


部下の要望に応えない・新しい考え方を拒否する

老害上司は、頑張る・考えることを嫌います。

「こっちの方が効率的なのでは・・・」と思い提案しても、理由もなく却下されることもあるでしょう。


対処法は、「さりげなく、小さくやってみる」「自分が責任を持つ」「ときには諦める」です。

上司の意見を聞かなかったことにして、気づかれない範囲で試してみます。

上手くいきそうだと思ったら、再び相談します。

「このように上手くいったので、もっと試してみたいのですが、いかがでしょうか。○○さんにお手数をおかけしたくないので、自分主導でやらせていただけませんか」

単に自分がやるのが面倒くさいと思っている上司なら、これでいけるのではないかと思います。


それでも拒否されたら、あきらめましょう。

脳みそがカチコチの上司なので、いくら言っても無駄でしょう。

「無駄なことやってるなー」と思いながら仕事をするのは最初は苦痛かもしれませんが、それが上司の決めたルールということになると、変えるのはなかなか難しいでしょう。

上司を変えることに労力を割くより、お客さんのことを考えて淡々と仕事にフォーカスしてみてはいかがでしょうか。


感情的・気分屋

これはなかなか厄介ですよね^^;

感情的にキレられると、心が乱されます。

ポイントは、「感情的になっているときには、建設的な話にはなりづらい」ということです。

つまり怒っている時間・怒られている時間は無駄です。

こんな上司には「こちらが冷静になる」がベストだと思います。

いくら相手が感情的になろうとも、必要な話は冷静にさっさと終わらせ、「話すべきことは終わったと思いますので、これで失礼します」といって去ります。

実際にやっている人、いました笑。

引き止められようとしたら、「いまの○○さん、必要な話をしていらっしゃるでしょうか?私はそうではないと思います。仕事が残っていますので、失礼します」とあくまで冷静に、論理的に返します。


感情的になった時点で、相手の負けです。

あなたまで感情的に「怒り」「悲しみ」を感じる必要はありません。

すでに負けている相手に対し、エネルギーを使わないでください。

もっと建設的なことに使えば、あなたの成長・お客さんの満足度に繋がることと思います^^


昔話が多い・経験年数を自慢する

こういう人も多いですよね^^;

時代は常に変化するので、はっきり言って昔話や経験年数はあんまり意味ないんですが、そう思う心をそっと仕舞ってとりあえず聞いといてあげましょう

真剣に「聴く」とあなた自身が疲れるので、右から左に「聞き」流しとけばOKです。


愚痴やため息が多い

昔話以上に迷惑なのが「愚痴」ですよね。

現場の士気も下がるし、聞いてる方はつらいです。

これも真剣に「聴く」ことは避けて、「聞き」流しておきましょう

昔話以上に、意識して聞き流すことが大切です。


仕事を振るのが下手

これも「できない上司」あるあるですよね。

この対処法は比較的カンタンです。

あなたが「デキる部下」になればいいんです。

組織が必要としている・上司が欲している行動を、指示される前にやる。

指示されなくともやれる部下は、重宝されることと思います。


問題は、自分の指示が下手なくせにできないと怒る上司ですね。

これはあまりに理不尽です。

「指示がわからないのです。もっと丁寧に聞かせてください。」と主張していいと思います。


「自分は正しい病」にかかっている

最後の項目になります。

できない上司が改善しない原因として、「自分は正しい病」にかかっていることが多いです。

「自信」「過信」という言葉では足りないほど、自分を信じきっている人がいます。

このような上司は、変えようとしないのが一番です。あきらめましょう。

これは変えようがないほど強い、自分への信頼です。

実際に現場を回している部下がいても、自分のおかげだと思うことさえあります。

そんなときに腹を立てても、怒り損です。

「一生そう思っとけ!」くらいに考えて、組織や顧客のためになることをするよう集中しましょう。

おめでた迷惑な上司に、仕事を邪魔されてはいけません。


最後に



というわけで、今回は以上になります。

筆者なりに、「できない上司がいても平穏に日々を過ごす方法」を編み出してきました。

実践してみると、筆者は驚くほど心が楽になりましたよ。

「できない上司」にストレスを抱えている方は、参考にしてみてください!

最後までお読みいただき、ありがとうございましたm(_ _)m