優秀な後輩ができて焦るときの対処法

雑記



こんにちは、てまごんです!

組織に所属していると、自分より優秀な後輩が入ってくることもありますよね。

そんなときって、正直焦りませんか?


筆者は大学時代、研究室に優秀な後輩が入ってきたときは焦りました。

「なめられたらどうしよう・・・」
「先輩としての威厳が保てない・・・」

そんなことで悩んでいました。


しかし、特に後述する5つのことを意識すれば、焦る必要はないと感じました。

今回は、

「優秀な後輩ができて焦っている・・・」

そんなあなたに向けて、対処法をご紹介したいと思います。

参考にしていただけると嬉しいです!


優秀な後輩ができて焦るときの対処法 5つ

最初に結論ですが、下記のとおりです。

①後輩から学んでしまおう
②指導は、自分の持っている知識を与えるだけでいい
③見下されたら、あなたの勝ち
④焦らずに自分のスキルを磨こう
⑤後輩の悩みを聴こう



各項目について、順番に解説していきますね。


①後輩から学んでしまおう



後輩であれ何であれ、自分より優秀な人材と身近に出会えたことはラッキーと捉えてみましょう。

・具体的にどんなところが優秀なのか?
・できる後輩はどんな行動をしているのか?
・どんな工夫をしているのか?
・生活習慣は?

相手を分析して、全て盗んでしまいましょう。


プライドを捨てよう

プライドが邪魔をすると、せっかく優秀な人が身近にいるのに学べなくなってしまいます。

ここはひとつ大人になって、「相手から学ぶ姿勢」を取ってみると、自分の能力アップにもつながると思いますよ。


・年齢や立場関係なく、相手から学べる人
・後輩や年下よりも上に立っていたいと意地を張る人

どちらが魅力的に映るかは、想像に難くないと思います。


②指導は、自分の持っている知識を与えるだけでいい



「優秀な後輩には何も指導できない・・・」
「自分には何も教えられない・・・」

いえいえ、そんなことないですよ。

仮に数か月~1年ほどだったとしても、相手より長く組織にいることは事実です。

後輩にわからなくて、自分にはわかることは必ずあります。

コピーの取り方、物の配置、誰が何に詳しいかなど、些細なことで構いません。

後輩が必要としている情報があれば、教えてあげましょう。


指導はいらない

「後輩の指導をしなきゃ!」と力む必要はないのです。

自分の知っている「知識」「情報」を与えてあげるだけで十分です。

「先輩のくせに情けないな」「後輩の指導はしっかりしろ」と言ってくる人もいるかもしれませんが、ちょっと考え方が古いですね。

いまは若くても優秀な人はたくさんいます。

どんな人からも学ぶ。指導は「知識」を与えるだけでいい。

そんな「今どき」の考え方で臨めば、苦しくなることはないと思います。


もし自分も分からないことを聞かれたら、下記の方法で対処しましょう。

・自分も一緒に調べる
・詳しい人を紹介する



③見下されたら、あなたの勝ち



もしも後輩から見下されるようなことがあれば、「勝った」と思いましょう。

「見下す」という行為は、人間的にレベルの低い行いだからです。

つまり、わざわざ相手が人間的に低いレベルに落ちてくれたので、自分は相対的に「人間的によりよい状態である」ことになります。

あなたが後輩より秀でるチャンスです。


④焦らずに自分のスキルを磨こう



優秀な後輩の存在に焦って悩んでいる暇があったら、自分のスキルを磨いた方が何倍もお得です!

プレゼン、資料作成、気遣い、交渉、技術、・・・

などなど、組織に所属していれば色々なスキルが必要になるはずです。

『ウサギとカメ』でも、コツコツやったカメさんはちゃんとゴールにたどり着きますよね。

周りの成長が早いからといって焦るよりは、マイペースにスキルを磨いた方が最終的に自分のためになると思いますよ!


⑤後輩の悩みを聴こう



優秀な後輩でも、人間です。悩むことだってあります。

そんなときは、ぜひ話を聴いてあげましょう

優秀な人は「近寄りがたい」と思われることも少なくないので、話を聴いてくれる先輩は貴重な存在になると思います。

悩み相談から、後輩の意外な一面も見えてくるかもしれません。


例えば筆者の場合、出会った優秀な後輩は「同期に自分より優秀な人がいることで焦りを感じている」と話してくれました。

それで自分も優秀になりたくて頑張っていると。

なんだか、みんな感じることは同じなんだな、と妙に納得しました。


「今日は何しているの?」
「疲れてるんじゃない?大丈夫?」

ささいな声掛けで、仲良くなれることもありますよ^^


まとめ



繰り返しになりますが、優秀な後輩に焦らなくなるコツは下記のとおりです。

①後輩から学んでしまおう
②指導は、自分の持っている知識を与えるだけでいい
③見下されたら、あなたの勝ち
④焦らずに自分のスキルを磨こう
⑤後輩の悩みを聴こう



後輩が原因でギスギスし始めると、後輩も辛くなってしまうと思いますよ。

できれば仲良くして、お互い切磋琢磨し合える関係になれるといいですね^^


それでは、今回は以上です。

最後までお読みいただき、ありがとうございましたm(_ _)m