ブロガーにおすすめなMacBookはこれ!【Apple正規店で聞いてきた】

雑記



こんにちは、てまごんです!

先日、ついにMacBookを購入しました。

Apple正規店で購入しました。

その際、フリーランス・副業ブロガーに適したMacBookタイプについてインタビューしてきたので、今回はその時の話についてまとめたいと思います!

特にフリーランスのブロガーの方・副業でブログをやっている方に、参考にしていただきたい内容になっておりますm(_ _)m


購入したMacBook

結論から書きますと、筆者が話を聞いて買ったのは


MacBook Pro 13インチ
クアッドコア 2.0GHz Intel Core i5
16GBメモリ 512GB SSD
Intel Iris Plus Graphics
Touch Bar と Touch ID



です。

お値段は税込207,680円(2020年9月時点)。

まぁまぁなお値段ですが、なぜこれを選んだのか、理由を説明していきますね。


前提:フリーランス・副業ブロガーならProの13インチがおすすめ



MacBookには「Air」と「Pro」がありますが、買うならProをオススメします。

なぜならProはすべて「クアッドコア」(ファンの数が4つ)だからです。

要は、PCを冷やすファンの数が4つと多いんですね。

スペックの高いMacBookでも、ファンが4つもあれば下記のようなメリットがあります。

・スペックが高いPCでも熱くなりにくい
・開きすぎなどの心配がいらない
・ラグやバグの心配が少ない


また、Proのサイズには13インチと16インチがあります。

こちらは13インチをオススメします。

16インチは重く持ち運びがしづらいためです。

フリーランスの方や副業でブログをされる方は持ち運びできた方がいい方が多いと思いますので、13インチをオススメします。


Pro 13インチ 2.0GHzクアッドコアプロセッサ 512GBストレージが最適な理由



MacBook Pro 13インチには、現在5段階のスペックがあります。


①クアッドコア1.4GHz Intel Core i5 8GBメモリ 256GB SSD(税込148,280円)
②クアッドコア1.4GHz Intel Core i5 8GBメモリ 512GB SSD(税込170,280円)
③クアッドコア2.0GHz Intel Core i5 16GBメモリ 512GB SSD(税込207,680円)
④クアッドコア2.0GHz Intel Core i5 16GBメモリ 1TB SSD(税込229,680円)
⑤クアッドコア2.3GHz Intel Core i7 32GBメモリ 2TB SSD(税込339,680円)


筆者が購入したPCのスペックは③に当たります。


「Core数」が大きいほど「頭がいい」ということになります。

MacBook Pro 13インチのほとんどはCore数5以上あるので、ここはそれほど心配しなくていいのではないかと思います。


メモリは作業スペースの広さみたいなもので、この数が大きいほど「速度が速くなり」ます。

ただ、こちらはPC本体のメモリを気にするよりも、外付けした方がコストが抑えられることが多いようです。


動画編集などで多くの容量を使うわけではない、という方には、①②③のいずれかがオススメです。

③のスペックがあれば、大抵のことは困ることなく処理してくれるからです。

このような説明を受けて、筆者は③のPCに決めました。


Apple正規店での購入がオススメ



次に購入する場所ですが、インターネット等よりもApple正規店での購入をオススメしたいです。

理由は下記の通りです。

・MacBookについての疑問点・不安点について何でも教えてくれる
・壊れたら修理してもらえる
・直接触れてみることで、実際に触った感覚などがわかる



インターネット等で購入したMacBookの部品は正規でない可能性があるため、修理できないこともあるとか。


筆者もApple正規店で直接買いましたが、いま心配されているコロナ対策も十分にされていて安心できましたよ。

・整理券を配ることによる入場制限
・検温
・アルコール消毒


など。

入場制限がかかっているので、オンラインで予約するか、早めに行って整理券をもらい時間に余裕のある日に購入することをオススメします。


MacBook購入を検討している方は、ぜひApple正規店に行ってみてください!


本体以外に買うといいもの 2つ



+αで購入するといいものは、下記の2つです。

・AppleCare+
・USBアダプタ



AppleCare+は3年間の保証

AppleCare+を購入しておくと、下記のメリットがあります。

・不具合以外(落とした、壊した)などでも修理してくれる
・3年間の間、2回まで修理が安くなる
・Apple careオンラインサポートを無料で受けられる


逆に言うと、AppleCare+に入っておかないと不具合以外(落とした、壊した)では高額の修理代がかかるそうです。

また、無料でプロのオンライン相談が受けられるのも魅力ですね。

税込28,380円と決して安くはないですが、万が一の時のためにぜひ入っておきたいですね。


USBアダプタ

従来のUSBはMacBookでは使えません。

MacBookの接続部分と従来のUSBの接続部分をつなぐアダプタも買っておきたいですね。





MacBook購入時には買わなくていいもの



逆に買わなくていいものは、下記の2つです。

・セキュリティソフト
・Office



セキュリティソフトがなくても、MacBookであるというだけでセキュリティは強いらしいです。

筆者もセキュリティソフトは入れてません。


また、Officeについて。

フリーランスや副業でブログをされる方は、MacBookに入っている「Numbers」「Keynote」「Pages」で事足りるのではないかと思います。

これらは、それぞれ「Excel」「PowerPoint」「Word」に似ています。

仕事でパワポを使って発表する必要がある、等でない限りは、Officeの購入は見送ってもいいかと思います。

そういう筆者もOfficeの購入はしておらず、「Numbers」「Keynote」「Pages」で十分だと感じています。

本体とOfficeをセットで購入しても割安になるわけではないので、まずは「Numbers」「Keynote」「Pages」を使ってみて事足りなければ購入を検討する、くらいでいいのではないでしょうか。


最後に



筆者のMacBook購入判定基準について書いてきました。

主にフリーランスや副業ブロガーの方向けの内容になっております。

より良い執筆活動のために、参考にしていただけると幸いです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました!m(_ _)m